クリアポロンが魅せるビフォーアフターの世界

クリアポロンが作り上げた表の顔と裏の顔

ここでいう裏の顔とは、真実の顔になります。
肌の美白ブームには、1990年代前半からあっという間に女子高生などに広がりを見せたガングロなど、極度に日焼けする独特な渋谷系ギャル文化への進言ともとれる思いがある。

化粧の良いところ:外観が美しくなる。化粧もたしなみのひとつ。実際の年齢より年上に見せることができる(10代から20代前半限定)。自分自身の印象を好きなようにチェンジすることができる。

残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜に及ぶスポーツ中継・翌日の夫のお弁当作りや朝食の準備…。お肌に良くないというのを分かっていても、日々の生活ではしっかり睡眠時間を持てていない方が大半を占めると思われます。

日本皮膚科学会の判定基準は、@激しい痒み、A特殊な皮疹とその分布場所、B慢性的に反復する経過、3項目すべてチェックが入る病気を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と称しています。

メイクのデメリット:昼にはメイク直しをする必要にせまられる。メイク落としをして素顔に戻った時のガッカリ感。メイク用品の出費が案外痛い。メイクしてからでないとどこにも出かけられない強迫観念に近い呪縛。


イボケアと生活習慣

中でも就寝前の歯磨きは大切。“蓄積くすみ”を取るため、夜間は丁寧に歯をブラッシングすることをおすすめします。ただし、歯のブラッシングは回数の多さではないので、1回1回のクオリティに注意することが重要です。

メイクアップではアザなどを隠す行為に重きを置かず、リハビリメイクを通して結果的に患者さんが自らの外見を認知することができ、復職など社会に復帰すること、加えてQOL(クオリティーオブライフ)を更に向上させることを目的としています。

ここ日本では、肌色が透き通るように明るく黄ぐすみや目立つシミの見られない状態を好ましく思う風習は現代よりも昔からあり、「色の白いは七難隠す」という諺もあるくらいだ。

「デトックス」術には危険性やトラブルはないと言えるのだろうか。そもそも身体の中に蓄積する「毒素」というのはどのような性質のもので、その「毒物」は果たして「デトックス」の力で排出できるのだろうか?

審美歯科(esthetic dentistry)とは、美しさに重きを置いた総合的な歯科医療の分野。歯が担う役割には物を噛み潰すなどの機能面と、表情を明るくみせるなどの審美面があり、双方健康面では欠かせない要素なのだ。


肌の老廃物を取り除くのは大事

「デトックス」術に危険性や問題は本当にないと言えるのだろうか。だいたい、体に蓄積されてしまう毒素とは一体どのようなもので、その毒素は果たして「デトックス」の力で体外へ排出されるのだろうか?

最近見直されている頭皮ケアはまたの名をスカルプケアとも言われています。頭皮はヘアのトラブルの代表である「脱毛」「薄毛」などに非常に大きく関係していると同時に、顔の弛みなどにも影響を及ぼしているのです。

ピーリングとは何かというと、時間の経った表皮をピール(peel:剥くの意味)することにより、まだ新しくてすべすべの皮膚(角質層)に入れ替え、新陳代謝を促す定番の美容法です。

我々日本人が「デトックス」に惹かれる理由の一つとして考えられるのは、我々が暮らす環境が悪化していることにある。空気や土壌は化学物質で汚れ、穀類などの食物には化学肥料や害虫予防の農薬がたっぷりかけられていると実しやかに囁かれている。

さらにもうひとつ、皮膚の弛みに大きく結びついているのが表情筋。色んな表情を作る顔にある筋肉のことです。真皮に存在するコラーゲンと同じく、この筋肉の働きも歳をとるにつれて鈍化するのです。